チーム・パスカルについて

環境、エネルギー、医療、バイオテクノロジー、宇宙開発、ITをはじめとする経済を牽引する新技術――。

いまほど、理系的な事柄をわかりやすく世に伝える力が求められている時代はないかもしれません。

そのニーズにこたえるべく、私たちチーム・パスカルは、2011年夏に京都で始動しました。

現在のメンバーは7人、東京・関西を拠点に日本全国の仕事に対応しています。

 

文系のバックグラウンドから理系ライティングを始めた

竹林・大越・萱原・森の4人と、

理系のバックグラウンドから文筆の世界に入ってきた、

近藤・平松・寒竹の3人(それぞれ工学系大学院、農学系大学院、医学博士)。

 

前者4人の得意分野は、研究者や技術者、ビジネス関連のインタビューや原稿作成。

後者3人は、理論や現象自体に関するライティングを得意とします。

7人それぞれ異なる分野での豊富な経験をもとに、

チーム・パスカルは、さまざまな仕事に対応いたします。

編集者も擁することで、書籍・雑誌・各種パンフレット・Webサイトの編集・制作までを請け負うことが可能です。

また、各メンバーがそれぞれ理系以外の分野で幅広く執筆してきていることも、チーム・パスカルの特徴です。

 

 

 

経済、人物、紀行、小説、シナリオなど、さまざまなライティング経験を持つからこそ、

科学についても、科学の世界の中に閉じこもらない、

広い視野から魅力的な文章で伝えられると考えています。

まずは、各メンバーのプロフィールと実績をご覧ください。チーム・パスカルのユニークさと強みを実感していただけると思います。

 

どうぞ、お気軽にご相談ください。