チーム・パスカルのメンバーたち

竹林篤実

竹林篤実 (たけばやし・あつみ)

 

チーム・パスカル代表

1960年生まれ/滋賀県出身/京都大学文学部哲学科卒業
印刷会社、デザイン事務所、広告代理店を経て独立
コミュニケーション研究所代表

http://www.com-lab.org/


中学生の頃から文学部を志望していた典型的な文系人間です。生来の望みだった書くことを生業の一つとしてやってきました。30代後半から取材仕事が増え、多様な分野に対象が広がる中で、いつしかビジネス系、IT関連に加えて大学理系教授への取材が急増。

 

最近では取材の約7割が理系のテーマです。

例えば超伝導、バイオ、ロボット制御、流体力学、俯瞰景、プロテノーム、プラズマ、テラヘルツ波、脊椎脊髄神経症、IPv6、メンタルヘルス、エイジングetc。

 

おかげで理系テーマの引き出しと、各テーマを関連づける理系地図を持てるようになりました。このノウハウとこれまで培った文章力を活かして、理系の技術を文系の言葉に翻訳し、より多くの人にわかってもらえる表現をめざします。

 

近藤雄生

近藤雄生 (こんどう・ゆうき)

 

1976年東京生まれ。ノンフィクションライター。
東京大学工学部航空宇宙工学科卒、
同大学院工学系研究科環境海洋工学専攻修士課程修了。

http://www.yukikondo.jp/

中学時代から、夢は物理学者というバリバリの理系でした。大学時代には真剣に宇宙飛行士を考えていたものの、少しずつ路線がかわり、サイエンスジャーナリストからいつしかルポライター志望へ。

 

大学院修了後、5年以上に渡って世界各国を旅しながらライターとしての経験を積み、2008年に帰国し、いまにいたります。人物、旅、社会に関するルポルタージュやノンフィクションが自分の軸ではあるものの、帰国後は理系ライティングの仕事も増え、理系としての本能(?)が目覚めつつあります。

 

宇宙、相対性理論、ロケットから、環境問題、深海魚、進化論、タイムマシンまで、書籍を中心に幅広く執筆。わかりやすく面白く、もっと読みたくなる理系の話を書いていきたいです。理系以外の著書には、『終わりなき旅の終わり』『中国でお尻を手術。』『遊牧夫婦』(以上、ミシマ社)、『旅に出よう』(岩波ジュニア新書)、『遊牧夫婦 はじまりの日々』(角川文庫)があります。またノンフィクション的仕事では、現在『新潮45』で「吃音と生きる」を不定期連載中、2016年春より『考える人』にて「ここがぼくらのホームタウン」を連載中。エッセイなどの寄稿も多数。(仕事の詳細についてはworksをご覧ください)

 

また、英語での取材・インタビュー・通訳も可能です(TOEIC 985点、国連英検A級)ので、英語を使ったお仕事のご相談にも応じられます。

 

京都造形芸術大学(旅行記、インタビューの講義を担当)、大谷大学(「人間学」 旅と生き方に関する講義)で、非常勤講師もしています。

 

平松紘実

平松紘実 (ひらまつ・ひろみ)(サリー)

 

科学する料理研究家 

1989年生まれ。静岡県出身。

京都大学農学部資源生物科学科卒。

京都大学大学院農学研究科修士課程修了。
公式サイト:http://sallyskitchen.jimdo.com

 

「料理を科学する」「科学をわかりやすく楽しく、より身近に」をテーマにレシピ開発や執筆活動、パフォーマンスなど、料理や食、科学について幅広く活動しています

 

生き物がつくられる仕組みを学ぶために農学部に入ったところ、「料理がおいしくできる仕組み」があることに気づき、料理と科学の関係に目覚める。在学中に「理系女子流 おいしいごはんの化学式」で第6回出版甲子園グランプリを受賞。京都大学総長賞受賞。

 

著書:科学×料理なレシピ本

『「おいしい」を科学して、レシピにしました。』

http://www.amazon.co.jp/dp/4763132865/ref=tsm_1_fb_lk

 

科学×料理なブログ「サリーの「おいしい」を科学する料理塾」を連載。

http://ameblo.jp/sallyskitchen/

 

書籍&ブログについての情報はこちらでお知らせしています。

Facebookページ:https://www.facebook.com/sallyskitchen.blog

 

大越裕

大越裕 (おおこし・ゆたか)


1974年茨城県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。

 

広告・マーケティングの専門出版社で環境ビジネス誌の広告営業、出版業界誌の創刊、編集・ライター養成講座の立ち上げと運営などを担当。

講師の話を聞くうちに「本を作ってみたい」という思いが嵩じて退社。


その後、単行本出版社の制作部門で、数十冊の新書・ビジネス書・人文書の編集に携わる。

同時にライターとして『週刊現代』等の作家インタビュー、科学者、ビジネスマン等の著書の構成も多数行う。2011年よりフリーランス、現在、神戸在住。


「文章とは何か。もちろん、テレパシーである。」(スティーブン・キング『小説作法』より)が、座右の言葉。

 

手がけた本に、

『謎の会社、世界を変える。エニグモの挑戦』(須田将啓・田中禎人)

『低炭素社会』(小宮山宏)

『テレビは見てはいけない』(苫米地英人)

『12歳からのインターネット』(荻上チキ)

『書いて生きていく プロ文章論』(上阪徹)

『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました』(出雲充)
『同調圧力にだまされない変わり者が社会を変える』(池田清彦)

  などがある。

 

 

萱原正嗣(かやはら・まさつぐ)


1976年生まれ。

フリーランスのライター、ときどき編集者。

神奈川県立湘南高等学校、京都大学法学部卒業。

NTT西日本、日本ヒューレット・パッカードでの勤務を経て、出版・編集の世界に。

人の話を聞いて書くことを仕事の軸とし、主に書籍の制作やインタビュー記事などを手掛ける。

モットーは、「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく」(井上ひさし)

 

得意・関心分野:IT(インターネット・情報通信)/環境/エネルギー/生物学/科学史・科学倫理など。ほか、好奇心と仕事の依頼の赴くまま、人文系から自然科学まで幅広いテーマを扱う。

 

――主な仕事(worksページとあわせてご覧ください)

◆書籍制作◆

「捨てない未来」はこのビジネスから生まれる―――赤字知らずの小さなベンチャー「日本環境設計」のすごいしくみ』岩元美智彦著/ダイヤモンド社/2015年10月

植物の体の中では何が起こっているか  動かない植物が生きていくためのしくみ嶋田幸久・萱原正嗣著/ベレ出版/2015年3月

日本インターネット書紀  この国のインターネットは、解体寸前のビルに間借りした小さな会社からはじまった』鈴木幸一著/講談社/2015年3月

「消費」をやめる――銭湯経済のすすめ』平川克美著/ミシマ社/2014年6月

3Dプリンター導入&制作  完全活用ガイド』原雄司著/技術評論社/2014年1月

あわいの力――「心の時代」の次を生きる』安田登著/ミシマ社/2014年12月

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』渡邉格著/講談社/2013年9月

「ほしい未来」は自分の手でつくる』鈴木菜央著/星海社新書/2013年9月

海岸線は語る』松本健一著/ミシマ社/2012年3月

コンサルティングとは何か』堀紘一著/PHPビジネス新書/2011年5月

 

◆大学・サイエンス関係の仕事◆

東京大学理学部広報誌(講談社Mook・Rikejo編集部東京大学理学系研究科・理学部広報室監修)

リガクル04 東京大学理学部が率いる最前線のグローバル化』(2014年版)

リガクル03 東京大学理学部の今がわかる本』(2012年版)

 

アエラ大学ムックシリーズ(朝日新聞出版) 

東北学院大学  by AERA』2012年8月

京都大学  by AERA』2012年10月  

東洋大学  by AERA』2012年11月

山梨学院大学  by AERA』2013年8月  巻頭特集(カレッジスポーツ)担当

 

東京大学素粒子物理国際研究センター広報冊子制作(企画・編集・執筆)

 

国立大学附置研究所・センター長会議 ウェブ広報記事(企画・編集・執筆)

東京大学分子細胞生物学研究所 エピゲノム疾患研究センター 白髭克彦教授

 

ダイヤモンドオンライン(ダイヤモンド社)

大阪大学・大竹文雄教授(労働経済学・行動経済学)

第1回:なぜ、「経済学者」は嫌われるのか?――実は「利他的」な経済学者が伝えたい、経済学の「2つの醍醐味」

第2回:「罰ゲーム」の経済学――コミットメント・メカニズムで「不合理な自分」を変える!

第3回:不合理な僕らが「よりよい社会」をつくるにはどうすればいいのか?――「格差」ときちんと向き合うための経済学


『プレジデント』(プレジデント社)

2012年9月17日号「儲かる商売の新ネタ101 ⑦研究開発の新ネタ10」

P82「宇宙太陽光発電」JAXA佐々木進専任教授

P83「ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」


など、その他多数。 


 


森 旭彦(もり・あきひこ)

公式サイト MORRY

 

京都生まれ。「世界がどのように変わろうとしているか」を取材し、表現することを仕事としている。

パスカルでは、編集者・菊池拓也とも協業する。

 

2005年4月~

大学在学中よりフリーランスのライターとして活動。

京都府京都市を活動拠点とし、和食、伝統工芸、アートなど幅広く執筆。茶道の家元、裏千家と深い繋がりを持つ出版社・淡交社による媒体『キョースマ』で、京都のライフスタイルを多角的に取材・執筆。連載も担当していた。

 

2006年4月~2009年9月

フリーランスのライターとして、引き続き京都のカルチャー発信に関する仕事をしつつ、映像関係のインタビュー記事の執筆を開始。主にドキュメンタリー映像作品に関心があり、中国などの産業発展が環境に与える影響を取材した写真家・エドワード・バーティンスキーの作品や、「観察映画」の手法で知られるドキュメンタリー映画作家・ジャーナリストの想田和弘氏を取材。また、『カウボーイビバップ』などの作品で世界的に知られる日本のアニメーション監督・渡辺信一郎監督へもインタビューを行っている。

 

2009年9月~2014年4月

東京へ活動拠点を移し、テーマを起業家やビジネスへ対象を広げる。これまでの取材対象はどちらかといえば文化・芸術の文脈に属する人々だったが、それらが社会の中でどのようにつながっているのか、その仕組みに関心があり、対象を広げた。

この期間には、ビジネス関連の雑誌・Webメディアにも広く関わりながら、元マイクロソフト株式会社代表取締役社長・成毛眞の著書・岩波新書『面白い本』『もっと面白い本』の構成に関わる。

インディペンデント系出版社『ミシマ社』にて、『R25』『TRANSIT』など、デザイン界にインパクトを与え続けているデザイナー・尾原史和の自伝エッセイ『逆行』の構成を担当。

海士町という離島で島の「学校」をつくるべく起業した若者による著書『僕たちは島で、未来を見ることにした』のプロデュース・編集・構成を担当。

 

2011年5月〜現在

ライフワークとしてのテーマとし、科学系ジャンルを執筆しはじめる。

科学系ジャンルはテクニカルタームが多く、また調査に膨大な時間がかかるため参入障壁が高いとされるが、社会の根本的な技術や未来像を捉え表現してゆく上で科学の知見は欠かすことが出来ないと考えて取り組む。

結果として、従来のサイエンスライターが持ち得ない、やや文学的で平易な文体で科学的対象を記述するライティングを確立。国内外を取材し、さまざまな媒体で執筆を展開する。

 

・東京大学理学部の今がわかる本『リガクル』にて、多数の研究者を取材。

・WIRED VOL.14  死の未来/- SCIENCE OF DEATH 死の科学 20の断章 - にて生命科学等を研究する研究者のインタビュー・テキストを担当

・WIRED VOL.VOL.18 STAR WARS ISSUE/Meet the Legend vol.4 金出武雄、ロボットに「目」を授けた男にてインタビュー・テキストを担当

・WIRED VOL.20 A.I + CITY /The ExaScaler

エクサスケーラー 天才・齊藤元章の肖像にてインタビュー・テキストを担当

・WIRED VOL.26  ワイアードTV/SWISS ISSUE/2016年にスイスで初めて開催された強化義体世界一を決める大会、サイバスロンへ取材で参加。「電動外骨格レース」世界2位・IHMC Robotics密着レポート にて取材・ライティングを担当

・FORBES JAPAN 2016年10月号 NO.027/トップ特集記事・REPORT 1 8K映像VR手術スクープ!世界初の8Kロボット手術。生き方が変わる「私の体内への旅」 ほか医師や起業家を取材。

・FORBES JAPAN  2016年1月号/UNDER30「未来の孫正義」を目指す若者たちにて、論考、インタビュー・テキストを担当

・ベンチャーキャピタル「UTEC」(東京大学エッジキャピタル)Webサイトにて、インタビューコンテンツのライティングを担当/“奇跡の薬”をつくる。ペプチドリームの挑戦 ペプチドリーム ✕ UTEC

現在、SFの手法を用いた未来シナリオ制作を多様な分野へ展開し、作品制作を行っていきたいと考えている。

 

[website] http://www.morry.mobi 

[facebook] Akihico Mori

[twitter]  @AkihicoMori

 

 

 

寒竹泉美(かんちく・いずみ)


1979年生まれ。京都在住。広島育ち。小説家。

九州大学理学部化学科卒業。

京都大学医学研究科博士課程修了。博士(医学)。

大学院での専門は神経科学。

 

実験ばかりの大学院の日々は苦しかったのですが、自然の真理にたった一瞬でもつながると、それだけでそこまでの苦労がすべて吹き飛ぶような麻薬のような面白さがありました。

 

博士課程を修了したとき、わたしは、研究者を職業に選ぶのかと自分に問い、中学生のときから抱いていた小説家になるという夢をかなえるために研究をやめることを決めました。昔考えていた、両方やればいいじゃないという甘い考えはもうなくなっていました。全力を尽くさないと研究者としてその場にい続けることはできないとわかったからです。全力を尽くすのなら、小説に賭けてみたい。たった一度の人生だから、そう思い、背水の陣で小説を書き、あまりメジャーでない賞にひっかかって、なんとか小説家になることができました。

 

しかし小説家としてはあまりめぐまれたデビューとは言い難かっため、ゆっくりじっくり1つの作品を仕上げることだけに専念できる日々とは程遠く、企業CM用の物語の書下ろしや、ライティング、エッセイ、論文の要約、脚本、ウェブ連載、電子書籍、文章校正、講師、研究論文の解説書作成などさまざまな仕事を行っています。おかげで鍛えられて、気がつけば文章に関してはジャンル不問の必殺仕事人のようになっていました。

 

そんなときに、この理系ライター集団パスカルと出会いました。博士まで行ったのにもったいないと百回以上言われ続けてきましたが、理系の学問の魅力をわかりやすい文章でもっとたくさんの人に知ってもらえるこの仕事を続けていけば、もったいないと言われなくなる日が来ると思っています。

 

小説家としての主な仕事はHPをご参照ください。